若者世代のセフレに対する見方

インターネットの普及により、今では小学生から高齢者まで、気軽にインターネットが出来る時代になりました。
様々な利便性をもたらしてくれましたが、一番役に立っているのは、人同士のコミュニティでしょう。

特に、男女間の出会いに関してインターネットが登場する前と以後では大きな違いがあります。

昔は、恋人を見つける場合、友達や知人の紹介や職場、ナンパ、限られた地域内でしか探すことしかできませんでした。
しかし、現在ではネット上の「出会い系サイト」を利用すれば、普段の行動範囲内では出会うことのなった同士の出会いが可能になったのです。

そして利用者が増えるにつれて様々な目的別の出会い系サイトが誕生しています。
恋人を探す人に、友達、メル友、趣味友、あるいは結婚前提とした真面目な付き合い、または割り切った関係としてセフレを探す人もでてきました。

若者たちに人気なのがセフレ探し

特に今、20代~30代の若い世代に人気がなのが「セフレ探し」です。

真面目な付き合いならいつでもできるだけに、性的欲望が強い若いうちに出来るだけ遊んでおきたいという若者がセフレを求める、ということが普通の交際手段になってきているといってもいいでしょう。
インターネットの普及は、本当の意味で「性の解放」に繋がる程のインパクトがあったといえるでしょうが、現実は若者達はただ性的欲望を満足させることができる便利なツールとして、出会い系シアとを利用しているだけなのです。

面倒な手順を踏む必要もなくセフレを見つけて楽しむことができる上に、そのまま恋愛関係に発展し結婚に至ったというカップルも少なからずいるようです。

そうなると、インターネットというコミュニケーションツールは、日本の若い世代の恋愛観を根底から変容させてしまったともいえるかもしれません。

タグ

2015年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:セフレ作りで知ってほしい事

最新情報

2015年1月19日セフレ作りで知ってほしい事
若者世代のセフレに対する見方

このページの先頭へ